故障したらすぐ横浜のiPhone修理専門店に持ち込むことが大切

SITEMAP

iPhone

iPhoneの画面割れ修理は機種依存です

iPhoneを使う人

歴代のiPhoneシリーズを使っている人ならば、薄型化と大画面化が進んでいることに気が付くでしょう。衝撃に強い強化ガラスが採用されていない理由として、タッチパネル性能の追求があります。
iPhone5世代までは、表面のガラスとデジタイザー付き液晶パネルは別々の部品として作られて、接着剤で貼り合わせていたことから、表面のみが割れた場合にはガラス面のみの交換が可能でした。しかし、iPhone6以降では一体成型が進んだことから、画面割れ発生時にデジタイザー付き液晶ごとそっくり交換する方法に変わっています。
iPhone修理費用が嵩むようになった理由として、交換部品がユニット交換となったことで部品代金が高くなったことが挙げられるでしょう。3DTouch機能を搭載するためには、柔軟性が高い柔らかいタイプの画面ガラスを採用する必要があり、一方で一体成型がされているために表面割れがデジタイザー付き液晶面にまですぐに伝わりやすい状況が生まれています。iPhone本体のバックアップがしっかりとPCにあれば、正規iPhone修理サービスプロバイダを利用し、バックアップが無ければ街のiPhone修理非正規店でデータ部分に触れない部品交換のみを依頼すると良いでしょう。

インフォメーション

TOP